爪の色が変!それは爪の病気“グリーンネイル”の初期症状かも

爪の色が変!緑色のカビみたい

『ふと気付くと爪の色がなんだかおかしい。くすんでいて黄色のような緑色のような…。洗っても取れないし、爪の中の色が変わっている感じ。痛くも痒くもないしニオイもないからたいしたことないとは思うけど、何か悪い病気だったらどうしよう…。』

それ、グリーンネイルという爪の病気かもしれません。

爪の中で細菌が繁殖してしまう病気で、命に別状はありませんがきちんと治療しないと治らないどころか、どんどん悪化してしまう可能性もあります。

グリーンネイルが悪化してしまうと見た目はとても汚らしくなりますし、『こんなことなら早く病院行けばよかった…』と後悔すること方が多いです。

症状に気がついたときに迅速に対処できるよう、正しい知識を身に付けておきましょう。

グリーンネイルの原因と予防法は?

グリーンネイルは、緑膿菌というとてもありふれた菌が原因で発症します。

この緑膿菌との接触を避けることは不可能ですが、普段は近くにいてもなんの被害もない菌なのです。緑膿菌はカビの一種と言われることもありますが、正確にはバクテリア(細菌)です。

しかし、暗く湿った場所で繁殖することと、同じく爪に異変を生じさせる水虫や爪水虫の原因菌である白癬菌がカビの仲間であるということが相まって、カビとして扱われることが多いようです。

爪にキズがあると菌が入り込みやすくなりますし、加えてゴム手袋や絆創膏などを長く使っていると、繁殖するための水分(湿度)も十分ということになります。

また、ネイルアートを楽しんでいる方は、時間が経つと人工爪と自分の爪の間に隙間が生じることがありますが、緑膿菌はこのような場所をとても好みます。

ジェルネイルを施す人によくあるケースでは、段々と爪の成長に伴って浮き上がってくる隙間をつい放置してしまい、気付いた時にはその隙間に緑膿菌が入りこんで巣食っていたなんてことも。

菌が入りこみやすい傷を避ける、繁殖を促す湿気を避ける。ネイルアートを楽しむならこまめにケアしてもらう。これがグリーンネイル予防のポイントです。

グリーンネイルを治療できるお薬

爪の色がおかしいと思ったら、すぐに治療をすることが大事です。放って置くと悪化してしまうし、早く処置をした方が断然に治療が楽だからです。

病院に行って治療を始めるのが確実ですが、グリーンネイルの初期症状の場合は病院まで行くのは大袈裟な気もします。自分で患部の爪表面を削って解決という人もいるでしょう。

しかし爪を削るのは苦手だとか、爪が薄くて沁みるから嫌という方もいるはず。

爪を削らなくてもましてや病院に行かなくても、グリーンネイルであれば Dr.Gsクリアネイルという通販で購入することができる市販薬で治すことが可能です。

Dr.Gsクリアネイルは、トルナフタートという有効成分を爪の下にまでしっかり浸透させる特許技術を持ったお薬で、仮に爪の下に深く入り込んだ緑膿菌であってもきちんと退治してくれます。

初期であれば治療は簡単に済みますから、見つけたときにすぐ対処というのであれば、Dr.Gsクリアネイルを使うことが最もシンプルで現実的な選択肢となります。

注意点としては、普段は爪の乾燥と清潔を保ち、Dr.Gsクリアネイルはしっかり患部の爪が生え変わるまで根気よく使い続けること。グリーンネイルは再発も多い爪の病気ですから、しっかりと確実に対処していきましょう。

参考:グリーンネイルは病院にいかなくても自宅で治療できる市販薬があります

参考:いんきんたむし(股部白癬)のおすすめ市販薬ランキング